1. TOP
  2. メンバー詳細:毛利 公一

メンバー詳細 毛利 公一 メンバー詳細 毛利 公一

ntj_member_main_02
受賞者会 事務局長 毛利 公一 (モウリ コウイチ)
福祉のまちづくりNPO法人ラーフ 理事長、全国脊髄損傷者連合会 香川県支部 支部長、香川県ソーシャルワーカー協会 理事、香川障害フォーラム 副代表
■ 専門分野・資格名称等
専門分野: 障がい者福祉、地域福祉
資格名称: 社会福祉士、精神保健福祉士
■ 主な経歴
  • 1981年 香川県に生まれる
  • 1999年 陸上棒高跳び競技で岩手インターハイ個人3位、フィールド総合優勝、日本ジュニア選手権6位
  • 2000年 観音寺第一高等学校普通科卒業
  • 2003年 陸上棒高跳び競技で関東インカレ優勝
  • 2004年 アメリカカリフォルニア州の語学学校に入学、C3レベル頸髄損傷受傷(7月17日)
  • 2005年 早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業
  • 2007年 講演活動開始
  • 2008年 NPO法人ラーフ設立
  • 2013年 社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格取得、日本福祉大学卒業、国際ソロプチミスト観音寺社会貢献賞受賞
  • 2013年 社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格取得、日本福祉大学卒業、国際ソロプチミスト観音寺社会貢献賞受賞
  • mourisan1
  • mourisan2
  • mourisan3
  • mourisan4
  • mourisan5

■講演の特徴・簡単な説明

「僕は重度障がい者としているのではなく、挑壁者として生きて行こう。」
このことを決意したのは2004年。障がいを壁ととらえ、それに挑戦する生き方や、起業して取り組む一風変わった福祉活動について語ります。

主な講演テーマ1 「よく生きる」のテーマで、重度・中途障がいでも前向きに生きる生き方を考える講演。
主な講演テーマ2 「地域で普通に、一緒に生きよう」のテーマで、ユニバーサルや心のバリアフリーを地域福祉の観点から考える講演。
主な講演テーマ3 障がい者団体やその家族団体に向けて、障がい受容や自立生活について考える講演。
受けられる講演形式 一般的な講演会形式、授業形式、座談会形式、シンポジウムのパネリスト形式
講演実績 小・中・高校・大・専門学校等各種学校や企業で、8年間189回を数える。(2015年4月現在)
著作物・論文等 2015年4月現在、執筆中。
出身地 香川県観音寺市
母校 香川県観音寺市立観音寺南小学校
香川県観音寺市立観音寺中学校
香川県立観音寺第一高等学校
早稲田大学
日本福祉大学

講演のご依頼はこちら

一覧に戻る

人間力大賞受賞者会では講演の
ご依頼を受けつけております。
講演
講演についての詳細はこちら
講演のご依頼はこちら
人間力大賞受賞者会では
助成活動を行っております。
助成
助成についての詳細はこちら
寄付はこちらから
スポンサーのご紹介はこちら
お問い合わせは下記フォームから
お願いいたします。
お問い合わせ
ニッポンサイコウプロジェクト